最幸自分創造オフィス

NOTE

ストレングスファインダー®ワークショップ

「最強のあなたを創る」強み活用術

□ 少人数で他の受講者との距離感を近くに感じながら、①分析結果からその人を予想し、②強みを活かすための方法を考え、③注意すべきポイントはあるか、ということを全員で行いました。途中で橋本講師のアドバイスやコメントが入りながらあっという間に時間が過ぎていきました。この手法は組織変革や改善にとても有効なものとして理解し、日本経営品質をやってきた私にとってとても取組み易いフレームワークだと感じました。

□ 5つの強みは「そうそう!」と納得するものばかりで、自分の傾向を明確に知ることができました。 橋本先生と、受講生の皆さんで、お互いにどのように強みを役立てていくか、話をするのですが、そこでもはっきり、それぞれの資質が表れていて、「すごいなー!!本当に、SFのテストの通りだな!」と、おもしろかったです。 こういう風に役立てていくのはどうか、とお互いに話していくうちに、目が輝き、顔もさらにイキイキしてゆく他の受講者さんを目の当たりにして、自分の強みを知ることは、自分への自信にもなるし、これからの頑張るパワーになる!と思いました。橋本先生の質問で、私たちの中にあるものを引き出してくださいました。 雰囲気もとてもよい講座で、そしてご一緒させていただいた受講生の皆さんも素敵な方ばかり。楽しい時間はあっという間です。大満足の講座でした!!

□ この講座はインプット(理解)とアウトプット(行動)の両面から非常に意義のあるものでした。
<インプット(理解)で意義のあったこと>
・ 自己理解が深まります
具体的には、過去の判断や好き嫌いがどのような資質に起因しているかを紐付けすることができます。

・資質の理解が進みます。
具体的には、ギャラップ社の解説では意味を理解しにくい資質についても、先生の解説と受講生からの問いかけを通じて資質の理解が曖昧なものからシャープになっていきます。また、具体的なエピソードからも資質をご説明頂くことで、行動や思考ベースでも資質を理解することができます。

・ 資質の見方が分かります
具体的には、個別の資質を独立して見るのではなく、組み合わせ(構造化、時系列)で考えることで、自分の資質がより深く理解できます。

・ チームで働くことの意義を理解できます。
具体的には、自己理解を通じて「強みの貸し借り」という観点から、「良いチーム」にはどのような資質の方が集まっていたのか、今後どのようにメンバーを集えば良いのか等を理解することができます。

・ 資質≠強みであることが理解できます。
具体的には、資質は状況次第でマイナスにもなりうるものであることが理解できます。そのため、自分が満足していない状況についても「自分の資質と環境が合っていないだけ」とポジティブに考えることができます。

<アウトプット(行動)で意義のあったこと>
・自分の強みを発揮できる行動を起こしやすくなります
具体的には、資質を組み合わせて、「自分にはxxの環境でa,b,c…の資質の組み合わせでyyができるかもしれない」と考えて具体的なアクションに繋げやすくなります。

・ キャリア構築に役立ちます
具体的には、講師や受講生からのフィードバックから「自分にはxxという道もあるかもしれない…」と「これまで頭になかった、でもしっくり来るキャリア」が見えてきます。

(ストアカ講座感想より抜粋)